collabo-works怪談絵巻 2

a0016718_202736.jpg
collabo-worksとは!?


「 山上 」
   Storyteller:marc ishiya
   Photograph:nagiwo



「あたしが死んだら、あの山の上に埋めておくれよ」

母はいつもそう言って笑っていたものだ。
母の死など思ってもみなかったが、冬のある日のこと、
風邪をこじらせた母が重い肺炎にかかったときは、
苦しそうにしている母を見て、言うとおりにしようと心に誓った。

その山の上には、何があるわけでもなかった。
頂には、雑木林や竹藪などがあり、ちょうど街を見下ろせるあたりに、
柔らかい土が露出していた。

僕は若い頃からの博打好きで、病院の帰り母を車に置いてはよくパチンコをした。
母は、「♪はるかな海に陽は沈み、月が高みにかかるころ、
街の灯りがきらきらと・・・なんて歌の本をさ、
子供のあんたに読んで聞かせたから、
パチンコ屋の灯りが好きになったんだわねえ、早く帰っておいでよ」
といつものように笑って手を振った。
母の歌は、いつもそこで終わる。思い出せないのだ、僕にも。

我を忘れた。

打ちひしがれて帰って来ると、車の中で母が苦しげに息をしていた。
「母ちゃん・・・・・・」母は返事をしなかった。
急いで病院へ引き返した。
集中治療室へ運ばれる母の小さな身体を、ぶるぶる震えながら見ていた。
それが母の・・・・・・最後となった。

「母ちゃん、置いて行かないで・・・・・・」

次の夜、泣きながら母を背負って山に登り、約束を守った。
泣くだけ泣いた翌朝、家には戻らなかった。
路上とパチンコ屋を往復しながら、乞食のように暮らした。
母を置き去りにしたことを思い出すたび、胸をかきむしられるようだった。

いつも路上から、母のいる山が見えていた。
夏の夕暮れ、その山に登る気になった。
3度崖からすべり落ち、3度木の枝に頬を打たれた。
ひとしきり強い雨が降って、びしょ濡れになった。
山頂近くのくぬぎ林まで来ると、鳥が鳴き騒いだ。

母が怒っている・・・・・・

泥にまみれ、傷だらけになり、雨に濡れて、
ようやく山の頂に着いたとき・・・・・・それを見た。

全身に鳥肌が立った。
埋葬した母の周りに、花が咲いていた。


思い出した・・・・・・

♪はるかな海に陽は沈み
月が高みにかかるころ
街の灯りがきらきらと・・・

またたく星をつれてくる
お花も咲いた 鳥も来た
みんなあなたに会いたくて



                              marc&nagiwo




[PR]
by nagiwo | 2004-07-10 20:28 | Collabo-Works
<< 正直な草々の囁きを聞く とろりオレンジ >>